Jim Nishimura Web site
日本破産を生き残ろう
国語を教えるか言葉を教えるか
国語を教えるか言葉を教えるか
 私は、学生時代から、物を考えるには英語で考えるよう努力していました。研究で世界を相手に勝負していくには、それが絶対に必要だと考えたからです。そのため、原則として、日本語は書かないことにしていました。ところが、定年後は生活上、日本語を書く機会が圧倒的に増えました。ある意味では、初めて日本語とまじめにつきあうようになったのです。すると、英語にくらべ、日本語が書きにくい言葉であるのを痛感します。かな書きにするか、漢字をあてるか、句読点をどこに打つか、まったくルールがないからです。ルールがないから、初めはとっつきやすい。しかし、どうやってもいいのではなく、正解らしいものはあるらしい。ただしそれは、感覚的にしかつかめないのです。
 英語の場合も、別に、言葉の選び方、表現方法に関して完全なルールがあって、それにしたがって書く訳ではありません。考え、考え書くわけです。実際の作業は、複数の単語あるいは表現を思いついては、そのうちどちらがよいか、選択の繰り返しです。ただ英語では、どちらがよいのか判断基準だけは確立しています。それはきわめて単純で、表現は短いほうがよく、単語はイメージが明確なほうがよい。これなら外国人でも、時間がかかるかもしれないが、考えて書けば、よい英語を書くことができます。
 日本語には、このようなルールも判断基準もないから、いくら考えても、よい日本語は書けません。これが日本語の欠点だと思います。考えて使えない言葉は、高度の知的言語とはいえないからです。
ホームページに戻る
hajime@jimnishimura.jp