Jim Nishimura Web site
日本破産を生き残ろう
日本を変えるために言葉を変える
日本語に物申す!
日本語に物申す!

 日本人が会議の議論でAを捨てBを取ることができないのは、公開の場での批判や反論を敵対行為とみなしてしまう日本人的心情が第一の原因でしょう。日本では、グループが違えば批判ははげしいのですが、同じグループ内では議論で相手を負かすことは許されません。
 これは日本文化の美点でありながら、危機においては弱点となりますが、それが変えられない理由の一つは、日本語にあるように思います。私は日本語でも英語でも同じように議論する人問ですが、そこで感じる違いは、英語では議論には議論が返ってきてそれで終わるのに、日本語では物言わぬ敵をつくってしまうことです。それは、相手の意見に自分の意見をぶつけるのが英語会話の基本的マナーなのに、日本語では同意が会話の基本だからでしよう。
 会議の言葉としては、日本語はいくつかのハンディを負っています。会議の言葉とは、聴衆の神経を話者の言葉に集中させ、興奮させるのが理想ですが、日本語はその点で英語に負けます。その第一の理由は、スピードです。話は人の考えるスピードに合わせ、むしろそれより少し速く話したほうが人は神経を集中し興奮してきます。ところが日本語は、現代人の思考スピードより遅いため、先が読まれてしまい、退屈になるように思います。
 退屈に追い討ちをかけるさらなる要因は、話の内容です。多くの場合、事実経過の説明に終止し、話者の解釈や考えが述べられることが少ないのです。これは、会話の基本が同意を得ることにあるならば、意見を言うより事実経過に終始したほうが安全だからです。
 これに対し英語では、「こうならば、こうだろう」という would で表わされる予想や推定が、スピーチの基調なのです。
 でも、話を退屈、冗長にする最大要因は、日本語の過度の儀礼的表現にあると思います。
 日本語では、内容よりも言い方が問題になるのです。たとえば「ございます」という語尾です。教授会などで「ございまして」しか聞こえない話に腹を立ててる私は「ございます」を使いません。その結果、お礼の言葉も「ありがとう」なのですが、これを聞くとさっと顔色の変わる先輩が多くいます。むしろ「ございます」だけ言うほうがよいのです。
ホームページに戻る
hajime@jimnishimura.jp