Jim Nishimura Web site
古い日本人よ さようなら
日本人はなぜ英語の聞き取りができないか
大事なのは「母音」より「子音」
大事なのは「母音」より「子音」

 その方法は、とても一言ではいえないが、まずは、英語の発音に関する常識を、一変させることてあろる。その第一は、「英語で大事なのは、母音でなく子音」ということであろ。
 たとえば、Max Factor を発音するとき、日本人は、aをCatのaのように発音せねばと、努力し、それができると、英語らしいと思うが、ほんとうは、日本人が、一番注意せねばならないのは、fの発音である。もしmxftが、はっきり発音されれば、aの音は、aでもeでもoでも、通じる。
 聞くときも、同じことである。「母音でなく子音を聞く」、つまり、子音の響きに、神経を集中することである。でもこのことは、自分が、子音を響かせて発音してみなければ、わからない。子音を響かせる発音とは、単純には、鼻にかかる声である。楽器にたとえればオーボエである。これに対し、日本語の発音は、尺八である、ことに、気付いてもらうのが、日本語流発音から、英語発音に移る、要点である。
ホームページに戻る
hajime@jimnishimura.jp