Jim Nishimura Web site
変わりゆく研究環境
どうしたら独創的研究ができるか

 「本気で研究している人は誰も「独創的」と評価される研究をしたいと思っていると思います.現在の日本の科学技術の政策決定者たちもそれを強く求めています.そこで「独創的研究はいかにして可能か」について,私の考えを以下に述べたいと思います.ただし,それは「独創的研究の振興のための原理と方策」というような為政者風のものではありません.「独創的な研究はしたいが,はたして自分にその能力があるだろうか」と迷っている若い研究者の立場に立って一緒にこの問題を考えようとするものです.題名に「独創的研究はいかにして可能か」ではなく「どうしたらできるか」を選んだのはこのような理由からです.
 私が編集部の依頼に応じてこれを書く気になった理由は,私が30年の大学教員生活を通じてもっとも努力したことは「教える」ことでもなく「自分の研究をする」ことでもなく,学生の「独創的研究能力を伸ばす」ことだったからです. そのため,私は独創性について年中考える破目になりました.「独創性とは何か」,「どうしたらそれを育てることができるのか」,「独創力が直接には独創的成果に結びつかないのはなぜか」というような問題です.以下では私がそのように考え,悩み,探し求めていることをそのまま紹介したいと思います.ただし読者と私の経験の差を考慮して二つのことには少し注意を払って述べるつもりです.一つは「独創性」に関して定識,定説あるいは神話になっていることは紹介し,それを全面的に肯定も否定もせず,実例と照らし合わせることによって読者の頭から固定的な思い込みを取除くことを意図しています.もう一つは,人の能力と特性には大きな違いがあることを正しく注意することです.
 もちろん若い人々の場合は,その能力や特性がどんなものであるのか,確信をもって判定できる人は誰もいないし,まして本人はわからないのですが,人によって大きな違いがあることは,はっきり認識しておく必要があります.それは天才に関する逸話を独創性一般に通用するように思う間違いが一般的だからです.それを避けるため、ここでは天才の話ばかりではなく,普通人の例も取り上げました.筆者の例が出てくるのはそのためです.筆者は「独創的」とはいえなくても「独走的」という点では多少参考になると思われるからです.
独創とOriginality
独創は難しい、なぜ
独走と社会
 研究費と最初の研究
 生活費とパトロン
 許される研究と許されない研究
独創は二人の仕事
 WhyとHow、WhymanとHowman
 PowerとControl、ClimerとRouter
人間関係としての師と弟子
ホームページに戻る
hajime@jimnishimura.jp