原文ゲンブン文節ブンセツへの分割ブンカツ     記号キゴウ表記ヒョウキ
『人形の家』と聞けば、 MnM"De/
名を知らぬ人はほとんどいない。 MoDaNiMwHdNi*
   
しかし、 Hsks
これを読んだことのある人はと言えば、 CoDa]AuMtYe/
一般の市民や学生には KnMyMiw
極めて少ないのがツネです。 HteKi]gKd*
   
イプセソのこの作品は、 (Ipsen)nCnMw{
近代の女性解放の思想に~ MnMnMi-
大きな影響を与えた杜会問題劇として KnaMoDtaMtSst
有名で、 Kde~
女主人公のノーラは、 Mn(Nora)w{
人形のようにかわいがられて美しく育つが、 MnSyoD`teKuDu^
人間として女として目覚めて、 MtSstMtSstDte~
夫も子どもも捨てて家を出て行く、 MmMmDteMoDteDu
いわゆる「新しい女」の代表とされて、 HiwKiMnMtZ`te~
熱狂的に誉め讃えられもし、 HiDeD`emZi~
逆に不道徳の極みとして KiMnMtSte
罵詈雑言の的になりもしたのでした。 (barizogen)nMiAimZta}*ta
   
そこに定着しているイメージは HiDteIuMw{
行動的な強い女、誇り高い革新者です。 KnaKiM+MKiM}*s
   
わたし自身にしても、 WQiSstm
新劇の世界に入った青年の頃 MnMiDtaMnT
この戯曲を読んだには違いないはずだげれど CnMoDdawKiNiShz^
さっぱり記憶がない。 HiMgNi*
ということは、 "Yu}w{
世間一般のイメージが先に立って、 MMnMgHiDte~
その目ですらすらと文字を辿って、 CnMdHtMoDte~
ああそうか、 (ah,soka)
と済ませてしまったのでは "DteZta]dw
なかろうかと Ni?”
イマになってオモうのです。 TiAtteDu]*s
 
 
かえって、 Hkte
「ノラは家出してからどうなったか?」 (Nora)wDteSkrXAta?
と題する魯迅の文章が~ "MZu(Lojin)nMg-
記憶に残っていたりする。 MiDteItaZu*
   
ヨーロッパでは (Europe)dw{
戯曲発表当時から MTkr
この問題がやかましく議論されたことは CnMgHyskD`ta]w
有名です。 Kd*s