原文ゲンブン文節ブンセツへの分割ブンカツ     記号キゴウ表記ヒョウキ  末尾マツビ   文節ブンセツ末尾マツビ 文節ブンセツ機能キノウ         機能キノウベツ文節ブンセツ
『人形の家』と聞けば、 MnM"De/ De/ と聞けば、 ゼンブン 『人形の家』と聞けば、
名を知らぬ人はほとんどいない。 MoDaNiMwHdNi* Ni* はほとんどいない。 シュブン 名を知らぬ人はほとんどいない。
           
しかし、 Hsks Hsks しかし、 冒頭ボウトウ しかし
これを読んだことのある人はと言えば、 CoDa]AuMtYe/ Ye/ 人はと言えば、 ゼンブン これを読んだことのある人はと言えば、
一般の市民や学生には KnMyMiw Miw や学生には 主文 一般の市民や学生には
極めて少ないのがツネです。 HteKi]gKd* Kd*s のがツネです。 主文 極めて少ないのがツネです。
           
イプセソのこの作品は、 (Ipsen)nCnMw{ Mw{ この作品は、 ゼンブン イプセソのこの作品は、
近代の女性解放の思想に~ MnMnMi-     ゼンブン 近代の女性解放の思想に~
大きな影響を与えた杜会問題劇として KnaMoDtaMtSst Sst 杜会問題劇として ゼンブン 大きな影響を与えた杜会問題劇として
有名で、 Kde~ Kde~ 有名で、 ゼンブン 有名で、
女主人公のノーラは、 Mn(Nora)w{ w{ ノーラは、 主文 女主人公のノーラは、
人形のようにかわいがられて美しく育つが、 MnSyoD`teKuDu^ Du^ 育つが、 挿入ソウニュウブン 人形のようにかわいがられて美しく育つが、
人間として女として目覚めて、 MtSstMtSstDte~ Dte~ 目覚めて、 挿入ソウニュウブン 人間として女として目覚めて、
夫も子どもも捨てて家を出て行く、 MmMmDteMoDteDu Du 出て行く、 挿入ソウニュウブン 夫も子どもも捨てて家を出て行く、
いわゆる「新しい女」の代表とされて、 HiwKiMnMtZ`te~ Z`te 代表とされて、 主文 いわゆる「新しい女」の代表とされて、
熱狂的に誉め讃えられもし、 HiDeD`emZi~ Zi~ 讃えられもし、 主文 熱狂的に誉め讃えられもし、
逆に不道徳の極みとして KiMnMtSte Ste の極みとして 主文 逆に不道徳の極みとして
罵詈雑言の的になりもしたのでした。 (barizogen)nMiAimZta}*ta *ta なりもしたのでした。 主文 罵詈雑言の的になりもしたのでした。
           
そこに定着しているイメージは HiDteIuMw{ w{ イメージは 主文 そこに定着しているイメージは
行動的な強い女、誇り高い革新者です。 KnaKiM+MKiM}*s }*s 革新者です。 主文 行動的な強い女、誇り高い革新者です。
           
わたし自身にしても、 WQiSstm Sstm 自身にしても、 主文 わたし自身にしても、
新劇の世界に入った青年の頃 MnMiDtaMnT T 青年の頃 挿入ソウニュウブン 新劇の世界に入った青年の頃
この戯曲を読んだには違いないはずだげれど CnMoDdawKiNiShz^ Shz^ はずだげれど 挿入ソウニュウブン この戯曲を読んだには違いないはずだげれど
さっぱり記憶がない。 HiMgNi* Ni* 記憶がない。 主文 さっぱり記憶がない。
ということは、 "Yu}w{ w{ ということは、 冒頭ボウトウ ということは、
世間一般のイメージが先に立って、 MMnMgHiDte~ Dte~ サキに立って、 ゼンブン 世間一般のイメージが先に立って、
その目ですらすらと文字を辿って、 CnMdHtMoDte~ Dte~ を辿って、 ゼンブン その目ですらすらと文字を辿って、
ああそうか、 (ah,soka) (    ) ああそうかと 主文 ああそうか、z
と済ませてしまったのでは "DteZta]dw ]dw しまったのでは 主文 と済ませてしまったのでは
なかろうかと Ni?” Ni?” なかろうかと 主文 なかろうかと
イマになってオモうのです。 TiAtteDu]*s *s オモうのです。 終止シュウシブン イマになってオモうのです。
かえって、 Hkte   かえって、 冒頭ボウトウ かえって、
「ノラは家出してからどうなったか?」 (Nora)wDteSkrXAta? Ata? どうなったか?」 主文 「ノラは家出してからどうなったか?」
と題する魯迅の文章が~ "MZu(Lojin)nMg-   魯迅ロジンの文章が~ 主文 と題する魯迅の文章が~
記憶に残っていたりする。 MiDteItaZu* Zu* 残っていたりする。 主文 記憶に残っていたりする。
           
ヨーロッパでは (Europe)dw{ dw{ ヨーロッパでは ゼンブン ヨーロッパでは
戯曲発表当時から MTkr Tkr 当時から ゼンブン 戯曲発表当時から
この問題がやかましく議論されたことは CnMgHyskD`ta]w ]w 議論されたことは 主文 この問題がやかましく議論されたことは
有名です。 Kd*s *s 有名です。 主文 有名です。
           
戯曲が発表された1878年は MgMZ`ta(1878nen)w )w 一八七八年は ゼンブン 1 戯曲が発表された1878年は
日本で言えぼ明治維新後十年、 MdYeSba(meiji10nen) ) 維新後十年、 ゼンブン 1 日本で言えぼ明治維新後十年、
北欧でも (Hokuou)dm )dm 北欧でも ゼンブン 2 北欧でも
女性は家庭を守り、夫につかえ Mw{MoDi+MiDe~ De~ 夫につかえ ゼンブン 2 女性は家庭を守り、夫につかえ
子を育てることに専念するのが MoDu]iMZug Zug 専念するのが ゼンブン 2 子を育てることに専念するのが
本分とされていた時代、 MtZ`teIta}T, T  いた時代、 ゼンブン 2 本分とされていた時代、
職業を持って自立する女性と言えば MoDteMZuMtYe/ / 女性と言えば ゼンブン 3 職業を持って自立する女性と言えば
水商売と同一視する人が多かった時代 MtMZuMgKtaT T が多かった時代 ゼンブン 3 水商売と同一視する人が多かった時代
と言っていいのですから、 "YteKi]dSkr Skr いいのですから、 ゼンブン 3 と言っていいのですから、
ノーラの家出は (Nora)nMw:{ w:{ 家出は 主文 ノーラの家出は
経済的に見てもあまりに非現実テキ KniDteHamKdA} dA} 非現実テキ 主文 経済的に見てもあまりに非現実テキ
とする議論が多かったのは "ZuMgKta]w:{ w:{ が多かったのは 主文 とする議論が多かったのは
無理もないと言えるでしょう。 MmNi}”YeRu*syo *syo と言えるでしょう。 終止シュウシブン 無理もないと言えるでしょう。
           
そして日本では Hsst(Nihon)dw{ dw{ 日本では 主文 そして日本では
1945年の敗戦とデモクラシーの奔流の中で 1945NnMt+MnMnSnkd Snkd の奔流の中で 挿入ソウニュウブン 1945年の敗戦とデモクラシーの奔流の中で
一気に押し進められた婦人参政権の実現や~ KniDiD`taMMnMy-   実現や~ 挿入ソウニュウブン 一気に押し進められた婦人参政権の実現や~
職業上の男女差別の撒廃などの MnMMnMSndn Sndn 撒廃などの 挿入ソウニュウブン 職業上の男女差別の撒廃などの
女性の杜会的地位向上の運動の中で、 MnMKiMnMnSnkd Snkd 運動ウンドウの中で、 挿入ソウニュウブン 女性の杜会的地位向上の運動の中で、
女性解放のシンボルとして MMnMtSst Sst シンボルとして 主文 女性解放のシンボルとして
ノーラが光を浴びました。 (Nora)gMoDi*ta *ta 浴びました。 主文 ノーラが光を浴びました。
     
だが、 Hdag Hdag だが、 冒頭ボウトウ だが、
これらはわたしにとって CwWiStte Stte わたしにとって 主文 これらはわたしにとって
みな流れ去ってゆく外界の出来事でした。 HmnDeDteIuMnMd* d* 出来事でした。 主文 みな流れ去ってゆく外界の出来事でした。
           
身にしみる切実さをもって MiDuKsoSte Ste 切実さをもって 前置ゼンチ 身にしみる切実さをもって
ノーラの姿が (Nora)nMg- Mg- の姿が 主文 ノーラの姿が
わたしに立ち現れてきたことは WiDiDteDta]w ]w きたことは 主文 わたしに立ち現れてきたことは
なかった。 Nta* ta* なかった。 主文 なかった。
           
しかし五十歳を過ぎたある日、 HsksMoDtaAuT T  ある日、 前置ゼンチブン しかし五十歳を過ぎたある日、
ふと戯曲を手に取ったわたしは、 HtoMoMiDtaWw{ w{ わたしは、 主文 ふと戯曲を手に取ったわたしは、
読み進むにつれて傍然とした。 DiDniStrtKtZta* ta* 傍然とした。 主文 読み進むにつれて傍然とした。
           
あいまいな思い込みとまるで違う---。 KnaDitHdeKu* * まるで違う。 主文 あいまいな思い込みとまるで違う---。
           
いきなり Hri Hri いきなり 主文 いきなり
生き生きとひたむきな女のいのちが~ HiktKnaMnMg- いのちが~ 主文 生き生きとひたむきな女のいのちが~
わたしを打った、 WoDta* ta* 打った、 主文 わたしを打った、
と言いましょうか。 "Yi*s? *s? と言いましょうか。 終止シュウシブン と言いましょうか。
           
その時から、もう十数年、 CnTkr(10nen) ) もう十数年、 前置ゼンチブン その時から、もう十数年、
今、わたしは改めて Hma, WwDte~ Dte~ 改めて 主文 今、わたしは改めて
過去の杜会問題意識の反映としての~ MnMMMnMtSstn Sstn 反映としての~ 挿入ソウニュウブン 過去の杜会問題意識の反映としての~
レッテルなどをすべて捨てて、 MQoHsbtDte~ Dte~ 捨てて、 挿入ソウニュウブン レッテルなどをすべて捨てて、
じかに一篇の戯曲のことばたちから HniKnoMnoMkr- Mkr- ことばたちから 主文 じかに一篇の戯曲のことばたちから
ノーラという女性にふれてゆきたい、 (Nora)"YuMiDteDtai Dtai ふれてゆきたい、 主文 ノーラという女性にふれてゆきたい、
と思います。 "Di*s *s  と思います。 終止シュウシブン と思います。
           
かの女の歓び、怖れ、狭さ、愚かさ、~ CnMnDi,De,Ks,Ks,-   ズルさ、愚かさ、~ 主文シュブン かの女の歓び、怖れ、狭さ、愚かさ、~
目覚めと欲望、 DetM, M  目覚めと欲望、 主文シュブン 目覚めと欲望、
そのひとつひとつを辿りながら、 CnMoDiSngr Sngr を辿りながら、 主文シュブン そのひとつひとつを辿りながら、
女のいのちのうごめきにふれてゆけれぱ、 MnMnDiiDteDre/ / ゆけれぱ、 主文シュブン 女のいのちのうごめきにふれてゆけれぱ、
と願います。 "Di*s *s と願います。 アトブン と願います。