Jim Nishimura Web site
水俣病の科 増補版
西村肇、岡本達明

水俣病は、20世紀に起きた世界でも最大・最悪の公害事件です。
水俣病事件に関する成書は数多く出版されています。
その原因に関する研究は既に終わっていると思っていた方も多いかもしれませんが、事実は決してそうではないのです。
何が原因でこの大惨事が起こったのか、その原因と連鎖の関係が科学的レベルでは全く未解明、謎に包まれたままなのです。
著者たちは、この歴史的惨事を後世の教訓にするためには、事件の原因と因果の関係について、あいまいさやあやふやさのない科学的説明を残さねばと決心しました。
昭電論文の虚偽を証明した補論を付す水俣病科学研究の記念碑的書。
第55回毎日出版文化賞受賞作を改訂・増補。

目次
水俣病の科学
図表目次 
序章
解かれなかった謎 
第1章
水俣のチッソのアセトアルデヒド工場 
1
 チッソ水俣工場の中に入る 
2
 アセトアルデヒド工場の現場 
3
 工場をつくった技術者 一一その技術力と思想 
4
 戦後の技術革新 (1)助触媒の変更 
5
 戦後の技術革新 (2)蒸発方式の変更 
6
 科学的因果関係追求の道を閉ざしたチッソ 
7
 廃水処理の実態と変遷 
第2章
海のメチル水銀汚染 
  幕間対話  
1
 患者の発病時期に関するデータ 
2
 動物にあらわれたメチル水銀中毒 
3
 魚に異変がおこっていた 
4
 底泥の有機物汚染 
5
 底泥の無機水銀汚染 
6
 海水中の水銀はどうだったのか 
7
 水俣湾の生態系 
8
 貝のメチル水銀汚染 
9
 海水中のメチル水銀の挙動と魚の汚染実態 
10
 表層魚のメチル水銀汚染  
11
 メチル水銀排出量の推定  
12
 水俣湾の底生魚の汚染機構 
13
 不知火海の魚の汚染機構 

第3章

メチル水銀の生成から排出まで 
1
 メチル水銀とは 
2
 なぜ水銀が使われたか 
3
 水銀触媒の脱線反応 
4
 メチル水銀の生成機構 
5
 生成機構の実験的証明 
6
 生成機構解明を可能にした新しい化学 
7
 メチル水銀排出量の推定の方法 
8
 メチル水銀生成速度の定式化と決定 
9
 メチル水銀蒸発速度の定式化と決定 
10
 精留塔ドレーンからのメチル水銀排出量の推定 
11
 第1の謎の解明 一一助触媒の変更 
12
 加わったもう一つの原因 
    一一母液廃棄・流出量からのメチル水銀排出量の推定 
13
 第2の謎の解明 一一塩素イオン 
14
 精留塔ドレーンリサイクルの効果 
15
 廃水処理の効果 
16
 海域へのメチル水銀排出量の経年変化と
        水俣病被害進行との関係
 
  結語 
  あとがき 
 増補版へのあとがき 
 [補論1] なぜ水銀が有機物に結合するか 
 [補論2]昭和電工鹿瀬工場は大量のメチル水銀を生成していた
         ---昭和電工の反論データを使っての逆証明
 
ホームページに戻る
hajime@jimnishimura.jp